会長挨拶

    2017〜2018年度
クラブ運営方針

会長 池内克哉:近影

会長 佐々木 賢秀
  テーマ  ロータリーも「丹精」

会員の皆様におかれましては、ご自分の家族に対し、仕事に対し、今できることを最大限可能な限りを尽くし毎日をお過ごしのことと存じます。
その最大限可能な限り尽くすことがまごころであり、それを完璧に行うことが「丹精」を込めるということです。
 是非とも、この精神をロータリーの活動の中でも実践していただきたく、本テーマを掲げさせていただきました。

仕事も、家族への奉仕も、そしてロータリー活動も「丹精」込めて過ごす。
 その結果得られる充実した日々、それを達成した喜びの中に人生の生きがいがあります。

いまこそ見返りを求めない奉仕を自ら進んで実行するために、一人一人が「丹精」込めて奉仕活動する努力をして行こうではありませんか!
 これが、我がクラブの歴史と伝統を守る、そしてRI会長テーマでもある「変化をもたらす」にもつながることでしょう。

会員の皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。